2015/07/09

インデックス投資ナイト2015の用語集を作ってみたよ!


2015年7月4日に開催された「インデックス投資ナイト2015」。

(関連記事)
2015/07/08 インデックス投資ナイト2015に参加してきました。

その第三部の座談会「アセットアロケーションの考え方ってどうすればいい?」は大いに盛り上がりましたが、専門用語がたくさん飛び出し、投資を始めたばかりの方には少し難しかったかもしれません。

そこで、第三部で出てきた用語の用語集を作ってみました。




用語の解説は「一般社団法人投資信託協会 用語集」「野村證券 証券用語解説集」から引用しており、記載の無かったものについては、わたしが解説しています。

すぱいくさんが第三部の詳細なレポートをアップされていますので、復習してみてはいかがでしょうか?

1億円を貯めてみよう!chapter2
インデックス投資ナイト2015速報その3(最後は第三部の座談会 「アセットアロケーションの考え方ってどうすればいい?」)#idxnght #iiv

用語集


【あ行】


アクティブ(アクティブ運用)

投資信託の信託財産を運用するに当たって、あらかじめ決められた指数を上回る運用成果をめざす運用スタイルのこと。ファンドマネジャーが積極的・戦略的に投資対象、組入れ比率、売買のタイミング等の投資判断を行い運用する。
(一般社団法人投資信託協会 用語集)

アセットアロケーション

国内外の株式や債券、短期金融商品など様々な資産に適切に配分すること。通常は、投資信託の投資目的等をもとに、投資環境や投資対象の分析を行った上で、資産配分比率を決定する。
(一般社団法人投資信託協会 用語集)

イールド(Yield)
利回りのこと。
(つばさ)

【か行】


キャピタル・アセット・プライシング・モデル(CAPM:Capital Asset Pricing Model)
資本資産評価モデル(CAPM)とは、リスク資産の均衡市場価格に関する理論。いくつかの前提条件を満たす場合、市場が均衡している状態ではリスク負担した分に見合うリターンを得ることができるということを、理論的に明らかにしたもの。ノーベル経済学賞を受賞したウィリアム・シャープが考案した理論。
(つばさ)

グロース(グロースファンド)

成長性が高いと判断される銘柄を中心に運用する投資信託のこと。
(一般社団法人投資信託協会 用語集)

【さ行】


時価総額(マーケットキャップ)

上場株式(個別銘柄あるいは上場銘柄すべて)が、どの程度の規模なのかを示すもの。個別銘柄の時価総額は、その株価に発行済株式数をかけたもので表すことができる。
(野村證券 証券用語解説集)

ストラテジー・アセット・アロケーション(Strategic Asset Allocation)
戦略的アセット・アロケーション。中長期的観点から基本的な資産配分の方針を立てる投資戦略。
(つばさ)

スパゲティチャート
運用成績を横軸に時間、縦軸に順位をとって折れ線グラフを描くと、スパゲティのように絡まって見える状況のこと。ファンド・各国の株式市場・各アセットクラスなどの運用成績で描かれることが多く、運用成績のよいものを当て続けるのは難しいというのが感覚的にも分かる。
(つばさ)

スマートベータ(スマートベータ指数)

従来の時価総額型の指数のように市場全体の平均や値動きを代表する指数ではなく、財務指標(売上高、営業キャッシュフロー、配当金など)や株価の変動率など銘柄の特定の要素に基づいて構成された指数。中長期的に市場平均を上回るようなパフォーマンスを期待する指数として、年金運用やETF(上場投資信託)などの連動指数として採用され始めている。スマートは賢い、ベータは市場平均連動性を意味する。
(野村證券 証券用語解説集)

スモール(Small Cap)
小型株。時価総額の小さい株式。
(つばさ)

相関係数

相関係数は銘柄間やファンド間、指数などとの値動きの連動性を表す指標。1からー1までの範囲で表され、相関係数が1に近い場合には、一方の上昇率(下落率)が大きくなると、他方の上昇率(下落率)も大きくなる傾向が強く、相関係数が0に近い場合には、双方の騰落率の動きには関連性がないと考えられる。相関係数がマイナス1に近い場合は、一方の上昇率(下落率)が大きくなると他方が下落(上昇)するなど逆の動きをする傾向が強いと考えられる。分散投資の効果を享受するための一つの方法として、相関係数がプラスに大きい銘柄の組み合わせを避け、0付近からマイナスの相関関係となる組み合わせを選択することがある。
(野村證券 証券用語解説集)

【た行】


ターゲットイヤーファンド(ターゲットイヤー型)

ライフサイクルファンドの一種類で、事前にある年(ターゲットイヤー)を定め、ターゲットイヤーが近づいてくるに連れて組み入れ資産の比率を変更する投資信託のこと。一般的にはターゲットイヤーが近づいてくるに連れ、株の組み入れ比率を引き下げ、その分債券の組み入れ比率を引き上げるような、投資資産の組み換えを行う。これは、投資家が年齢を重ねることによって、リスクの許容度が小さくなることを想定したものである。
(一般社団法人投資信託協会 用語集)

タクティカル・アセット・アロケーション(Tactical Asset Allocation)

景気変動や市場の変化に応じて、資産配分比率を機動的に変更する運用手法。先行指標などからマーケットの動きを予測するアプローチが一般的である。短期のアセット・アロケーション戦略の一つ。
(野村證券 証券用語解説集)

【な行】


【は行】


バリュー(バリューファンド)

株価が企業の業績・配当・資産などと比較して割安(バリュー)と思われる銘柄に投資する投資信託のこと。比較の判断はPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)などの株価指標を用いる。
(一般社団法人投資信託協会 用語集)

ポートフォリオ

投資家が保有する資産全体又はその構成のこと。証券等の保管をポートフォリオ(紙ばさみ)で行われていたことに由来するといわれている。投資信託の場合、信託財産が運用対象として保有する株式、公社債、短期金融商品等の集合体のこと。
(一般社団法人投資信託協会 用語集)

【ま行】


ミーン・バリアンス(Mean-Variance Approach)
平均分散アプローチというリターンの期待値(平均値)に注目し、リターンの分散(標準偏差の二乗)をリスクとして扱う枠組み。ノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコウィッツが考案した理論。
(つばさ)

【や行】


【ら行】


ラージ(Large Cap)
大型株。時価総額の大きい株式。
(つばさ)

リスク(ボラティリティ)

投資においては「結果が不確実であること」を意味する。具体的には、収益(リターン)のばらつきを指す。
リスクとリターンは相関関係にあり、高いリターンをねらえばその分リスクも高くなる。
(一般社団法人投資信託協会 用語集)

リターン

投資の結果得られる収益のこと。
(一般社団法人投資信託協会 用語集)

【わ行】


【英数字・記号】


ROE(Return On Equity)

Return On Equityの略称で和訳は自己資本利益率。企業の自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合。
計算式はROE=当期純利益÷自己資本またはROE=EPS(一株当たり利益)÷BPS(一株当たり純資産)。
米国では株主構成に機関投資家が増加し、これらの投資家が「投下した資本に対し、企業がどれだけの利潤を上げられるのか」という点を重視したことも背景となって、最も重要視される財務指標となった。
(野村證券 証券用語解説集)

TIPS(Treasury Inflation Protection Securities)
米国の物価連動国債。物価の変動に応じて、元金額や利払い額が変動する国債。日本の物価連動国債はJ-TIPSと表記される。
(つばさ)

VT(Vanguard Total World Stock ETF)
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF。バンガードが運用するETFで「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」に連動する。全世界の大型、中型、小型株が投資対象となっており、インデックス投資家からの人気も高く、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」でも毎回上位にランクインしている。
(つばさ)

WGBI(World Government Bond Index)
世界国債インデックス。シティグループが算出する世界国債の代表的なインデックス。
(つばさ)

まとめ


専門用語や難しい理論は知らなくても投資をすることはできますが、概要だけでも知っておくと、投資を続けていくモチベーションにはなると思います。

今回挙げた用語をオフ会などで使うと「こいつ、できる…!」と思われることでしょう。

例えば「CAPM?ああ、シャープさんの理論ね。」「やっぱりアセットアロケーションはミーン・バリアンスで決めるべきだよね。」「君のストラテジー・アセット・アロケーションを教えてよ。」なんてドヤ顔で語ると効果てきめんです。


ただし、投資に詳しい人の前ではやめておきましょう。。

0 件のコメント:

コメントを投稿