2015/06/12

「全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」を読みました。

全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)

「全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」が発売されました。


全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
朝日新聞出版 (2015-06-12)
売り上げランキング: 5




目次


まえがき

序章 人はどのようにしてインデックス投資家になるか 水瀬ケンイチの投資遍歴

第1章 さっそく始めてみよう! インデックス投資の正しい手順ガイド

お金の運用プロセス
運用プロセスは家電製品を買うのと同じ
実際に運用してみよう!

第2章 一歩先行くあなたへ インデックス投資説明編

インデックス運用、3つの長所を整理する
インデックス運用の短所も少々
インデックスファンド、ETFはこうして選ぶ
メンテナンスとリバランス
運用中の心がまえと注意点
みんな気になる? 将来の売り方
インデックス派VS.アクティブ派「神学論争」でのふるまい方
インデックス投資の情報収集

第3章 商品ガイド編 インデックスファンド、ETFの「ミナセ・シュラン」

第4章 ETF運用の現場を知りたい! 日興アセットマネジメント ETFセンター長・今井幸英さんに聞く

あとがき

インデックス投資家のバイブルが約4年半ぶりに全面改訂!


前著の「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」が発売されたのは2010年12月。

インデックス投資家にとってのバイブルといえば「ウォール街のランダム・ウォーカー」や「敗者のゲーム」などが有名ですが、インデックス投資について日本人向けに詳しく書かれた本は「ほったらかし投資術」が初めてだったのではないでしょうか?

発売当時のインデックス投資家たちの盛り上がりはよく覚えております。


その「ほったらかし投資術」が約4年半ぶりに全面改訂されました!

前著同様、具体的なインデックス投資手順が書かれているため、これからインデックス投資を始めようという方には、すごく参考になる内容となっています。


また、インデックス投資家たちの中でもよく話題にあがる「無リスク資産(国内債券と現金)の考え方」「生活防衛資金は何ヶ月分?」「リスク資産への投資額の決め方」など、前著をすでに読んだ方やベテランのインデックス投資家にとっても気になる話題がたくさん書かれています。


わたしが個人的にすごく面白かったのは、第4章の「ETF運用の現場が知りたい!」です。

山崎元さん、水瀬ケンイチさん、そして日興アセットマネジメントの今井幸英さんによる鼎談で、ETFの運用に関する疑問を山崎さんと水瀬さんが今井さんに質問するという内容です。

ETFのコスト節約術についてや、TOPIX ETFのトラッキングエラーが小さくなった理由、ETF運用に先物を利用するメリットなどなど、非常に読み応えのある内容となっています。


すべてのインデックス投資家、いや、すべての投資家に読んでいただきたい本です!

さっそく当ブログの「おすすめ本」に登録しました♪

0 件のコメント:

コメントを投稿