2013/12/29

SMTインデックスシリーズから「SMT JPX日経インデックス400・オープン」登場!



三井住友トラスト・アセットマネジメントのSMTインデックスシリーズから新しいインデックスファンドが登場するようです!




(以下、EDINET(PDF)より引用)

ファンド名:SMT JPX日経インデックス400・オープン
ベンチマーク:JPX日経インデックス400(配当込み)
決算頻度:年2回
信託報酬:年率0.3885%(消費税率が8%になった場合、年率0.3996%)
信託財産留保額:なし
設定日:平成26年1月21日
販売会社:三井住友信託銀行


SMTインデックスシリーズから「JPX日経インデックス400」に連動するインデックスファンドが登場です。

「JPX日経インデックス400」については、kenzさんのブログに詳しい解説がありますが、東証上場銘柄からROE・営業利益等、収益面に着目して選定された400銘柄で構成されたインデックスで、2014年1月6日から算出を開始する予定です。

(参考記事)インデックス投資日記@川崎
JPX日経インデックス400・オープンが来年1月7日から新規設定

上記のリンクにもあるように、すでに三井住友トラスト・アセットマネジメントからは同じベンチマークの「JPX 日経インデックス400・オープン(信託報酬:年率0.5985%)」を設定するとの発表がありましたが、「JPX日経インデックス400」に連動するインデックスファンドに投資したい場合は、信託報酬の低い「SMT JPX日経インデックス400・オープン」が今のところ第一候補になりそうです。

なぜ同じ運用会社が同時期に同じベンチマークのインデックスファンドを設定するのかは分かりませんが、より低コストなファンドを出してきたということで良しとしましょう^^;


三井住友トラスト・アセットマネジメントさん、( ^ω^)b グッジョブ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿