2013/06/14

「iShares」の先進国株・新興国株・フロンティア株ETFが東証に上場へ!

東京証券取引所からビッグ・ニュースです!

ETFで世界最大手のブラックロックから「iShares」ブランドのETF(先進国株・新興国株・フロンティア株)3銘柄が東京証券取引所に上場します。

東京証券取引所
ETFの運用残高で世界最大手の「iシェアーズ®」3銘柄が 7月17日(水)、新規上場します

すでに水瀬ケンイチさんも記事にされています。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
海外ETFの「iシェアーズ」3銘柄(先進国株・新興国株・フロンティア株)が東証に上場へ!



具体的な銘柄は以下のとおり。

◯iシェアーズ 先進国株ETF(MSCIコクサイ)
・コード 1581
・ベンチマーク MSCI KOKUSAI(コクサイ)インデックス
・売買単位 1口
・信託報酬 年率0.25%

◯iシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)
・コード 1582
・ベンチマーク MSCI エマージング・マーケットIMIインデックス
・売買単位 1口
・信託報酬 年率0.18%

◯iシェアーズ フロンティア株ETF(MSCIフロンティア100)
・コード 1583
・ベンチマーク MSCI フロンティア・マーケット100インデックス
・売買単位 1口
・信託報酬 年率0.79%


いずれの銘柄もJDR形式を取っており、海外ETFのTOK、IEMG、FMの重複上場ということになります。

JDR(Japanese Depositary Receipt)とは、日本型の預託証券のことであり、外国有価証券を受託有価証券として日本国内で信託法に基づき発行される受益証券発行信託の受益証券です。アメリカのADR(American Depositary Receipt)やヨーロッパのGDR(Global Depositary Receipt)と同様に、外国の株式や債券、ETFなどを日本国内で円滑に流通させるために整備された枠組みです。(東京証券取引所より)

国内株式と同様に特定口座で取引できるため、外国証券取引口座の開設は不要です。

水瀬さんもご指摘されているとおり、

(1)市場価格と基準価格の乖離が、米国よりも大きくなる可能性がある
(2)分配金に対する米国・日本による二重課税を外国税額控除で取り返せない場合がある

といった懸念があります。

(2)についてはおそらく解決は難しいのではないかと思いますが、(1)は水瀬さんが毎月記事にしてくれるようなので、私もチェックしていきたいと思います(笑)

今投資しているVTやVWOから乗り換えるようなことは今のところないと思いますが、今後のリレー先として真剣に検討したいと思います。

ブラックロックさんと東証さん( ^ω^)b グッジョブ!!(←真似してすみません)

0 件のコメント:

コメントを投稿