2013/04/29

【投資のはじめかた】2.なぜ投資をする必要があるのか

まず、投資を始める前に「なぜ投資をする必要があるのか」について考えてみたいと思います。「株で儲けて高級車に乗りたい!」「マイホームを建てたい!」など投資を始めようと思うきっかけは様々だと思います。

私が投資を始めたきっかけは、将来の年金不安でした。21歳で老後の心配をする変わり者(?)の私は、書店である本に出会いました。

北村慶さんの大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」という本です。





現在は残念ながら絶版となってしまいましたが、もし書店で見かけたら読んでみて下さい。


当時は”消えた年金””浮いた年金”など「年金」に大きな注目が集まっている時期でした。詳しくは以前書いたブログ記事を読んでほしいのですが、将来もらえる年金と老後の必要資金には大きなギャップ「年金ギャップ」があることを知りました。

(関連記事)2012/01/15 投資を始めたきっかけ


この本がきっかけで投資を始めて、現在は運用資産もそれなりに増えてきました。目標とする金額にはまだ達していませんが、将来の「年金ギャップ」の不安は和らいできています。

高級車やマイホームもいいですが、将来の不安を少しでも解消するために、いずれ訪れる「老後」を見据えて運用を行なってみてはいかがでしょうか。20代から「老後」の心配するなんて早すぎない?と思われる方も多いと思いますが、将来の不安の解消はクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上にもつながると思います。


ということで、当ブログでは「年金ギャップ」を埋めるための「私的年金」作りの資産運用(投資)をおすすめします。


さて、運用の目標は(当ブログでは)「私的年金」作りとしたため、運用は投資対象の値動きに一喜一憂する「トレーディング(短期売買)」型の運用ではなく、「インベストメント(長期投資)」型の運用となります。


それでは早速、長期投資を始めよう!と言いたい所ですが、投資を始める前にやっていただきたいことがあります。

その話は、また次回に。

(次回へ続く…)

0 件のコメント:

コメントを投稿