2012/11/01

マネックス証券の米国株取引サービスが全面リニューアル!

本日、マネックス証券からビッグニュースがありました!


マネックス証券 米国株取引サービス全面リニューアル
http://www.monex.co.jp/Etc/topbn/guest/G800/new2012/news1211_01.htm


リニューアル内容は下記のとおり。

1.主要オンライン証券最安に

11月28日(水)より米国株の取引手数料を大幅改定!

<現行>
取引手数料 25.2米ドル

<改定後>
プラチナクラス 14.7米ドル(前月の取引回数30回以上)
ゴールドクラス 16.8米ドル(前月の取引回数10回以上29回以下)
スタンダードクラス 18.9米ドル(前月の取引回数9回以下)
(1約定当たり、約定株数1,000株以下の場合)


さらに、2012年11月28日(水)から2013年2月28日(木)まで、下記のとおり手数料引き下げキャンペーンを実施予定!


プラチナクラス 9.45米ドル(前月の取引回数30回以上)
ゴールドクラス 11.55米ドル(前月の取引回数10回以上29回以下)
スタンダードクラス 13.65米ドル(前月の取引回数9回以下)
(1約定当たり、約定株数1,000株以下の場合)


2.取引銘柄数を大幅増加

現在の取扱い銘柄数219銘柄から2,700銘柄超へ大幅に増加!


3.最先端取引ツールの導入

マネックス証券が買収した米トレードステーション証券と取引ツールを共同開発!


4.主要オンライン証券初 時間外取引に対応

プレ・マーケット、アフター・マーケットの取引が可能に!

プレ・マーケット (日本時間22:00 - 23:30)[現地時間8:00-9:30]
アフター・ マーケット (日本時間翌6:00 - 10:00)[現地時間16:00-20:00]


5.充実のお客さまサポート

コールセンターの受付時間を拡大!夜間の夜間の取引時間中にも経験豊富なオペレーターが対応。



マネックス証券が米トレードステーションを買収してからしばらく時間が経ちましたが、ようやく全面リニューアルしましたね!

特に取引手数料の大幅値下げが嬉しいですね!米国株・海外ETFの投資を検討している人にはマネックス証券は第一候補になるんではないでしょうか?

さて、どうするSBI証券、楽天証券!?

0 件のコメント:

コメントを投稿