2012/03/17

STAMインデックスシリーズ等が信託報酬値下げ!

すでにいくつものブログで話題になっていますが、住信アセットマネジメントが「STAMインデックスシリーズ」「ネット証券専用ファンドシリーズアジア新興国株式インデックス」「世界経済インデックスファンド」の信託報酬を2012年4月20日より値下げすると発表しました!

住信アセットマネジメント
2012年03月16日 「STAM インデックスシリーズ」の各ファンド、「ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス」および「世界経済インデックスファンド」の信託報酬率引下げについて

信託報酬の引き下げ内容は下記のとおり(いずれも税込)。


STAM 日経225インデックス・オープン 0.42% → 0.3885%
STAM TOPIXインデックス・オープン 0.4725% → 0.3885%
STAM グローバル株式インデックス・オープン 0.63%
 → 0.525%
STAM 新興国株式インデックス・オープン 0.6825%
 → 0.63%
STAM 国内債券インデックス・オープン 0.42%
 → 0.3885%
STAM グローバル債券インデックス・オープン 0.5775%
 → 0.525%
STAM 新興国債券インデックス・オープン 0.63%
 → 0.63%
STAM J-REITインデックス・オープン 0.525%
 → 0.42%
STAM グローバルREITインデックス・オープン 0.6825%
 → 0.5775%
ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス 0.6825% → 0.63%

世界経済インデックスファンド 0.63% 0.525%


STAMインデックスシリーズ信託報酬値下げ後の、主要インデックスシリーズの信託報酬比較は下記のとおり。



















(赤が各アセットクラスで最安。)
(日経225については、「ニッセイ日経225インデックスファンド」(信託報酬0.2625%)が最安です。)

ライバルであるeMAXISインデックスシリーズを非常に意識した信託報酬設定といえると思います。

また、CMAMインデックスファンドeシリーズの信託報酬と合わせてきたのは、4月1日の中央三井アセットマネジメントとの合併を意識したものでしょうね。

STAMインデックスシリーズの信託報酬値下げは、2010年7月に引き続き、今回で2回目となります。

日本のバンガードを目指して、頑張れ「STAM(SMT)インデックスシリーズ」!!

0 件のコメント:

コメントを投稿