2011/12/06

楽天証券とSBI証券で新たな海外ETF2銘柄を取扱開始

本日より楽天証券SBI証券で海外ETF2銘柄を新たに取扱開始するようです。


iシェアーズ S&P米国優先株式インデックス・ファンド
ティッカー:PFF
信託報酬:0.48%
連動指数:S&P 米国優先株式は、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所およびナスダック・ストック・マーケット・インク上場の、選ばれた優先株のパフォーマンスを測る指標。


楽天証券によれば「米国の主要企業が発行する優先株への投資に特化し、毎月分配の実績を誇るETF」とのこと。
海外ETFでも毎月分配が増えていくのでしょうか…


iシェアーズ FTSE EPRA/NAREIT 先進国(除く米国)不動産インデックス・ファンド
ティッカー:IFGL
信託報酬:0.48%
連動指数:FTSE EPRA/NAREIT 先進国(除く米国)不動産インデックスは、カナダ、欧州およびアジアの不動産市場の不動産保有、売買および開発に携わる企業のパフォーマンスを測る指標。


楽天証券によれば「米国以外の先進国において不動産投資を行うファンドで、こちらは四半期ごとの分配を行ってきました。」とのこと。
こちらも分配金を出す頻度は多そうです。


私がこれらのETFを買うことは無さそうですが、今後も海外ETFのラインナップを拡充していってほしいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿